Spok's Log V 
TOP > 電車賃に消費税?           (2005/09/19)


(普通の経済人ならばわかっていることなのかもしれないが、かつての仕事での専門バカだった私は、専門学校や基本書で学んだ以外の会計、税務の知識は全くなかった。)

新人でよくまかされるのは、販管費項目。
サンプリングで旅費交通費など拾うと、「アレっ!?」という金額が目に飛び込んだ。

都内交通費 143円

「バカな、こんな半端な電車賃あるわけない、小さい金額だけど何かの間違いじゃないのか?」

ちょっとその周りをみると、そんな半端な数字だらけだ。

「おかしい・・・・。(先輩の)○○さん、ちょっと何かおかしいんですけど、こんな半端な数字あり得ないですよね?」

(先輩、冷たい笑みを浮かべ)「税抜きだからね」

「え」

(先輩)「消費税」

「・・・・」

しばらく理解できなかった。

「ああ、そうか、電車賃も消費税ってかかっているんだ・・・・」

こんなことさえ、新人の頃は新鮮だった。

そう、150円/1.05=143円

税抜き表示の総勘定元帳でみれば、税込150円の交通費は、税抜きで143円となる。

今でこそ、消費税は総額表示になっているが、以前は消費税別の本体価格表示が当たり前の時代だったので、余計に混乱したものだった。

そもそも日常生活で、電車賃にも消費税がかかっているっていう理解がなかったのがいけないのだが・・・・。

今後は、二次試験?にも租税法があるから、こんなアホな質問をする新人はいなくなるのだろうなあ・・・。

え、租税法を勉強しなくても、そんなことは常識だって!?
少なくとも経理部に勤めたことのある人であれば、当たり前の話・・・。

いや、そんなはずはない。だって、最近も、自動販売機で売っているジュースに消費税がかかっていないと思いこんでいる後輩がいたのだから・・・。


2人だけだったりして。

スポンサード リンク

Spok's Log V
TOPページへ
姉妹サイト CPA-LAB公認会計士 合格体験記集