Spok's Log V 
TOP > 戻ることを恐れない    (2004/6/29)

勉強が進んでくるとわからない箇所がでてくる。そういう時は、面倒くさがらず入門のテキストや入門時の問題集をやり直すと効果的である。私は入門テキストを読んでも釈然としない時は、「まんがわかる○○入門」みたいな本もよんでいた(漫画にしたからといってわかりやすくなるものでもなかったが・・・)。特に経済学についてはわからない部分が多かったので、○○入門のたぐいはよく読んだ。TAC出版が出している入門の演習本も何度解いたことか。簿記も上級講義が終わってからも入門時の問題集を解いたし、本試験直前まで入門時のテキストまでさかのぼっていた。こうすることで、昔はみえてなかったことが見えてくることもよくある。
わからない時、実力が伸びない時、いたづらに現状の演習を繰り返すのでなく、一段、二段、三段とレベルを落として、完璧にわかるところからやり直すのは、とても効果的である。勉強が進んでくると、どうしても「入門レベルなんて・・・」と戻ることを躊躇する。くだらない自尊心は捨て、戻ろう、入門へ。戻ることを恐れていては、進むこともままならない。

スポンサード リンク


Spok's Log V
TOPページへ
姉妹サイト CPA-LAB公認会計士 合格体験記集